外国債券の為替変動リスク

外国債券ならではのリスクとして、「為替変動リスク」があげられます。
外貨で利金や償還金が支払われる場合、為替水準によって円での受取金額が変動します。
購入時よりも円安になれば利益が発生し、円高になれば損失が発生します。

(例)米ドル建ての外国債券を1万USドル購入

利率の高さがある程度の円高をカバーすることも

為替リスクをみるうえで、為替差損が発生しない水準の為替レートである 「損益分岐点」について考えてみましょう。
日本に比べて海外には、相対的に高い利金を受取ることができる債券があります。
そのため、購入時よりもある程度円高になっても、高い利金による運用収益が為替差損をカバーしてくれます。

例えば、以下の条件の外国債券があった場合・・・

利率 3%(年)
期間 10年
購入金額 10,000USドル
購入後為替レート 1USドル=110円
円ベースの購入金額 1,100,000円
受取り金額(10年間/税引き後) 2,390.55USドル
利息+償還金額(税引き後) 12,390.55USドル
「損益分岐点」について

受取った利金を含めると、この場合1USドル=88.78円までの円高であれば投資元本は確保されます。

  • 上記損益分岐為替レートは、上記購入単価及び為替レートで購入し、途中の利金を全て外貨で受取り、償還時に全てを円転した場合のシミュレーションです。あくまで、概算シミュレーションで、損益を保証したものではありません。
  • 利金は単利計算で、為替差益における税金や為替スプレッドについては考慮しておりません。

それでも為替差損が出そうな場合・・・

円に戻さなければ為替差損は確定しません。
購入時よりも円高になって償還された場合、以下のような方法で保有しておき、タイミングを見計らって円に戻すということもできます。

  • 銀行の外貨口座に外貨のまま送金
  • 償還金を外貨MMFで運用
  • 同一通貨建ての外国債券に再投資
  • 外貨MMFについて、一部外貨で保有できない通貨があります。(ブラジル・レアル、インド・ルピーなど)
「はじめての債券投資」に戻る

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-51-6766 償還乗換為替手数料優遇サービス 外貨送金手数料キャッシュバック

エイチ・エス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第35号 加入協会/日本証券業協会
COPYRIGHT © H.S. SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.