外貨建てMMF

外貨建てMMFは、格付けの高い米ドルや好利回りの豪ドル・トルコなどの短期証券で運用する投資信託です。



トルコ・リラ建てMMFの買付為替スプレッドが半額!

外貨建てMMFの最新利回り

ファンド名最新利回り
(税引前)
参考為替
(スプレッド込み)
レポート目論見書
マルチ・ストラテジーズ・ファンド−トルコリラ・マネー・マーケット・ファンド(トルコリラMMF)9.036% 31.51 月次 目論
見書
ニッコウ・マネー・マーケット・ファンドUSドル・ポートフォリオ(米ドルMMF)0.693% 111.14 月次 目論
見書
ニッコウ・マネー・マーケット・ファンドオーストラリア・ドル・ドルポートフォリオ(豪ドルMMF)1.089% 85.39 月次 目論
見書
ニッコウ・マネー・マーケット・ファンドニュージーランド・ドル・ポートフォリオ(ニュージーランド・ドルMMF)1.345% 78.90 月次 目論
見書
ニッコウ・マネー・マーケット・ファンドカナダ・ドル・ポートフォリオ(カナダ・ドルMMF)0.328% 83.69 月次 目論
見書

※ 参考利回りは、直近7日間(3/22〜3/28)平均利回り(税引き前)
※ 上記の利回りはあくまで過去の実績であり、将来を保証するものではありません。

→外貨建てMMF休業日レンダーはこちら

各種チャート

トルコリラ/円 米ドル/円 豪ドル/円 ニュージーランドドル/円 カナダドル/円

買付単位

米ドル/豪ドル/ニュージーランドドル/カナダドル

【買付】1,000口以上1口単位/10ドル以上0.01ドル単位(1,000口=10ドル / 1口=0.01ドル=1セント)
【売却】1口以上1口単位/0.01ドル以上0.01ドル単位(1口=0.01ドル=1セント)

トルコ・リラ

【買付】1口以上1口単位/0.01トルコリラ以上0.01トルコリラ単位(1口=0.01トルコリラ=1クルシュ)
【売却】1口以上1口単位/0.01トルコリラ以上0.01トルコリラ単位(1口=0.01トルコリラ=1クルシュ)

外貨建てMMFの特長

1. 安全重視の運用で好利回りを追求。

格付けの高い債券(国債や社債)での運用に加えて、市場金利に沿った安定的な収益率を目指すことを 目的としているため、外貨預金よりも金利が高い場合が多いです。

【参考】 一般的な銀行の外貨(普通)預金の金利は、米ドル0.01%、豪ドル・NZドル1.00%程度です。(2013年10月1日現在)

2. 申込・解約手数料は無料。

申込・解約手数料は無料ですが、円貨から外貨を購入する場合に為替スプレッドが発生します。
例えば、米ドルでは50銭のスプレッドが発生しますので、参考レートが100円の場合、為替スプレッドを加えて100.50円で米ドル建てMMFが購入できます。解約する場合も同額のスプレッドが発生しますのでご留意ください。

→為替スプレッドはこちら
※弊社利付債と同スプレッド

3. 外国債券の利払い・償還金、買付代金に利用可能

<為替取引・外貨建MMF決済の活用例(トルコリラ債券の場合)>

・円高時の有利なタイミングで為替取引により日本円をトルコリラに交換。
・債券価格の下落(利回りの上昇)のタイミングでトルコリラ建て債券を買い付け。
・償還時のタイミングで再び円高になったため、為替差損を確定しないため外貨建MMF決済に変更。
・外貨建MMFの分配金を受け取りつつ、円安になったタイミングを見計らって外貨建MMFを売却して日本円に交換。

4. 少額からお買付できます!

米ドル建MMFなら10米ドルから、トルコリラ建てMMFは、0.01トルコリラからお買付可能です。

分配金は、月末の分配金再投資を行なう際に一律20%の源泉徴収による分離課税が適用される利子所得です。

本銘柄の買付方法

@ログイン画面内のお知らせ「外貨MMF発注サイト」のボタンをクリック後、目論見書をご確認ください。

A購入必要金額を事前にご入金の上、お電話にてご注文ください。


ご注文はこちら

※海外市場休場等の関係上、ご注文をお受付できない場合がございます。
→外貨建てMMF休業日レンダーはこちら

外貨建てMMFへのご投資にあたっての留意点

  • 外貨建て商品へのご投資における円貨と外貨との交換、異なる外貨間での交換をする際の為替レートにつきましては、外国為替市場の動向に応じて当社が決定した為替レートによるものとします。
  • 為替レートの急激、又は大幅な変動が発生した場合には、注文受注を一旦停止させていただくことがあります。また、適用為替レートも変更される場合があります。
投資信託のリスクについて

投資信託は、国内外の株式や債券等の値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、投資元本や運用利回りが保証されているものではなく、これを割込むことがあります。信託財産に生じた利益および損失は、すべて投資者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。

当画面は金融商品取引法に基づく開示資料ではなく、また、投資信託の商品性及びリスク等を網羅的に説明するものでもありません。
投資信託は、商品毎に投資対象や運用目的、リスク内容、手数料等の費用が異なります。ご購入の申込みにあたっては『投資信託説明書(交付目論見書)』を必ずご確認の上、ご自身で投資判断をお願いいたします。

その他のご留意事項

※当社では、分配金を再投資する分配金再投資コース(自動けいぞく投資コース)のお取扱いはしておりません。分配金を証券口座にプールされ市況やタイミングを見てお買付けいただくことが可能ですが、その際には所定の手数料をご負担いただくこととなりますので、予めご了承ください。

ファンド検索

新規取扱銘柄
ピックアップ

エイチ・エス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第35号 加入協会/日本証券業協会
COPYRIGHT © H.S. SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.