債券の価格と市場金利の関係

通常、債券は満期を迎えると額面で償還されます。
しかし、償還前では市場金利の動向等の影響を受け、一般的に金利が下がると債券価格は上がり、金利が上がると債券価格は下がるといった価格の変動が起こるため、額面で売却できるとは限りません。

例えば、年利率が3%の債券を購入したとします。
市場金利が5%に上がった場合、新たに市場金利で発行される債券で運用した方が有利になる可能性が高いので、年利率3%の債券は人気がなくなり債券価格が低下します。
市場金利が下がった場合は逆の原理が働きます。
このような仕組みで債券価格と金利は一方が上がれば、もう一方は下がるという関係で連動しています。

債券価格と金利の連動性
「はじめての債券投資」に戻る

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-51-6766 償還乗換為替手数料優遇サービス 外貨送金手数料キャッシュバック

エイチ・エス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第35号 加入協会/日本証券業協会
COPYRIGHT © H.S. SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.