HSロボアドバイザー

特集

投信 販売高ランキング

投資信託販売高ランキングをご案内致します。【集計期間】6月3日〜6月28日

順位ファンド名
次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)
アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型
ひふみプラス

ピックアップ

初心者のためのはじめての投資信託
まずは無料で口座開設
ログイン
外貨建MMF最新利回り(税引き前)
トルコリラ建MMF トルコリラMMF 20.969%
米ドル建MMF 米ドルMMF 1.715%
豪ドル建MMF 豪ドルMMF 1.042%
NZドル建MMF NZドルMMF 0.886%
カナダ・ドル建MMF カナダ・ドルMMF 0.870%
【計算期間】7/12〜7/18

外貨建てMMFへのご投資にあたっての留意点

<外貨建てMMF・・・米ドルMMF、豪ドルMMF、カナダドルMMF、NZドルMMF、トルコリラMMFについて>
  • 外貨建てMMFにつきましては、大変お手数ですが、電話で担当窓口までお申し付け・お問合わせください。
  • 外貨建て商品へのご投資における円貨と外貨との交換、異なる外貨間での交換をする際の為替レートにつきましては、外国為替市場の動向に応じて当社が決定した為替レートによるものとします。
  • 為替レートの急激、又は大幅な変動が発生した場合には、注文受注を一旦停止させていただくことがあります。
    また、適用為替レートも変更される場合があります。

投資信託のリスクについて

投資信託は、国内外の株式や債券等の値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、投資元本や運用利回りが保証されているものではなく、これを割込むことがあります。信託財産に生じた利益および損失は、すべて投資者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。

当画面は金融商品取引法に基づく開示資料ではなく、また、投資信託の商品性及びリスク等を網羅的に説明するものでもありません。
投資信託は、商品毎に投資対象や運用目的、リスク内容、手数料等の費用が異なります。ご購入の申込みにあたっては『投資信託説明書(交付目論見書)』を必ずご確認の上、ご自身で投資判断をお願いいたします。

新興国への投資のリスクについて

新興国は、先進国と比べて経済状況、社会制度や基盤が脆弱であると考えられ、政治・経済および社会情勢が著しく変化する可能性があります。
想定される主な変化としては、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 政治体制の変化
  • 取引慣行や規制、税制等の社会制度の変更
  • 社会不安の高まり
  • 他国との外交関係の悪化
  • 海外からの投資に対する規制
  • 海外との資金移動の規制

さらに、新興国は、先進国と比べて法制度や社会基盤が未整備あるいは未成熟で、情報開示の制度や習慣等が異なる場合があります。その結果、投資家の権利が迅速かつ公正に実現されず、投資資金の回収が困難になる場合や、投資判断に当たって正確な情報を十分に得られない可能性があります。したがって、一般的に、新興国への投資については、先進国への投資に比べて各種リスクの程度がより高いと言えます。

ファンド検索
キャンペーン
最新投資情報

エイチ・エス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第35号 加入協会/日本証券業協会
COPYRIGHT © H.S. SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.