エイチ・エス証券

投資信託ならエイチ・エス証券
新興国スタープレイヤーズ

当ファンドの主な特長は、主に新興国の企業または新興国において主たる事業を展開する企業の中から「稼ぐ力を持つビジネスモデル」を有することに加えて、「ESG(環境・社会・ガバナンス)」に取り組んでいる企業に投資します。

稼ぐ力を持つESGに取り組む企業へ投資


成長が持続する企業に投資

企業の「収益力」の分析には、ビジネスの稼ぐ力を示す投下資本利益率(ROIC)を用います。 高いROICを維持するためには、業界内における「競争優位性」が重要です。

環境(Environment)に配慮し、社会貢献(Social contributions)や法令遵守(Governance)に取り組む企業は、社会の発展に貢献するものと考えます。ESGに十分配慮した企業は世界中の投資家から注目を集めています。

「収益力」の分析 「競争優位性」の分析
<今後の事業成長性を予測>
過去の実績と将来の予想においてROICの水準が上位である企業を抽出し、下記の項目などに着目し収益モデルを作成
  • 売上高成長率
  • 営業利益率
  • 資産活用率、等
<業界特性を把握し、競争優位性の源泉を特定>
成長性、価格決定力、収益率の改善などを評価し、業界ごとに加重度を変えてスコアリング
企業−投資家−社会

類似運用戦略*の運用状況
(2018年7月末現在)


類似運用戦略と参照指数の推移

出所 : Vontobel Asset Management, Bloomberg L.P.のデータに基づきイーストスプリング・インベストメンツ作成。
*上記のポートフォリオは、Vontobel Fund-mtx Sustainable Emerging Markets Leadersの実績です。業種はGICS基準。
※当資料では、個別企業に言及することがありますが、当該企業の株式について投資信託等の組み入れをお約束するものでも、売買を推奨するものでもありません。
※当資料では、外国籍投信に言及することがありますが、当該外国籍投信の売買を推奨するものでも、勧誘を行うものでもありません。

組入銘柄は、主に新興国の企業または新興国において主たる事業を展開する企業の中から十分な流動性(時価総額10億米ドル以上)を持つと判断される銘柄群を絞り込み、(1)投下資本利益率(ROIC)が高く、(2)業界内での競争優位性の高い企業を選別、(3)現在の株価から上昇が見込まれて、(4)ESGの取組状況の4つのステップを通じて銘柄選定を行い、運用チームが高い確信度を持つ比較的少数の銘柄(約30〜50銘柄)に厳選して投資します。

パフォーマンス


当ファンドの類似運用戦略のパフォーマンスは、参照指数を上回っています。 類似運用戦略と参照指数の推移

上記「サステイナブル新興国株式戦略(類似運用戦略)」は、当ファンドと同一の投資戦略および運用プロセスに従ってフォントベル・アセット・マネジメントAGが運用するファンドのコンポジットの実績です。
※上記は類似運用戦略の過去の実績を示したものであり、類似運用戦略ならびに当ファンドの将来の運用成果を保証するものではありません。
出所 : Vontobel Asset Management, Bloomberg L.P.のデータに基づきイーストスプリング・インベストメンツ作成。
過去のパフォーマンスは将来のパフォーマンスを保証するものではありません。パフォーマンスデータは購入時の手数料、運用報酬等は考慮していません。上記はVontobel Fund-mtx Sustainable Emerging Markets Leaders Composite(グロス)の実績です。2013年以降にESG基準によるスクリーニングを導入。

 

[口座をお持ちのお客様]
買付はこちら

 分配金を受け取る
口数買付金額買付

[口座開設をご希望のお客様] はこちら

上記の内容はイーストスプリング・インベストメンツ株式会社の販売用資料より引用しています。
  • 当資料は信頼できると判断された情報等をもとに作成していますが、必ずしもその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は作成日時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。また、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 当資料で使用しているグラフ、パフォーマンス等は参考データをご提供する目的で作成したものです。数値等の内容は過去の実績や将来の予測を示したものであり、将来の運用成果を保証するものではありません。
投資信託のリスクについて

投資信託は、国内外の株式や債券等の値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、投資元本や運用利回りが保証されているものではなく、これを割込むことがあります。信託財産に生じた利益および損失は、すべて投資者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。

当画面は金融商品取引法に基づく開示資料ではなく、また、投資信託の商品性及びリスク等を網羅的に説明するものでもありません。
投資信託は、商品毎に投資対象や運用目的、リスク内容、手数料等の費用が異なります。ご購入の申込みにあたっては『投資信託説明書(交付目論見書)』を必ずご確認の上、ご自身で投資判断をお願いいたします。

その他のご留意事項

※当社では、分配金を再投資する分配金再投資コース(自動けいぞく投資コース)のお取扱いはしておりません。分配金を証券口座にプールされ市況やタイミングを見てお買付けいただくことが可能ですが、その際には所定の手数料をご負担いただくこととなりますので、予めご了承ください。