マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に係る基本方針

2019年5月
エイチ・エス証券株式会社

当社は、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策(以下「マネロン・テロ資金供与対策」といいます。)の重要性とそれにおける金融機関の社会的責任を認識し、以下の基本方針に則り実効性のある内部管理態勢を構築することで、当社並びに当社の役職員がマネー・ローンダリング及びテロ資金供与(以下「マネロン・テロ資金供与」といいます。)に関与すること、あるいはそれに利用されることの防止に努め、金融システムの健全性の維持並びに発展に寄与します。


1.社内規程等の整備
 当社は、マネロン・テロ資金供与対策のために必要な社内規程等を整備します。
また、社内規程等については、マネロン・テロ資金供与に関する社会情勢、マネロン・テロ資金供与対策に関する国際的、本邦内及び当社における取組み状況等を踏まえて、定期的及び適時に見直しを行い、それらの実効性の維持・向上に努めます。

 

2.経営の関与
 当社の経営陣は、マネロン・テロ資金供与対策を重要な経営課題の一つと位置付け、経営陣主導のもと、実効性のある内部管理態勢の整備を図ります。

 

3.組織体制及び責任者
 当社は、内部管理統括責任者をマネロン・テロ資金供与対策の責任者とし、コンプライアンス統括部をマネロン・テロ資金供与対策の業務管理部署として、体制整備を図ります。

 

4.マネロン・テロ資金供与に係るリスクの特定、評価、低減
 当社は、リスクベース・アプローチの考え方に則り、当社におけるマネロン・テロ資金供与に関するリスクについて検証してリスクを特定し、特定したリスクを評価し、その結果に基づき適切な措置を講じることでリスクの低減を図ります。

 

5.顧客の受入れ方針
 当社は、マネロン・テロ資金供与に関係する顧客及びそれらを目的とした取引等を排除します。そのために、取引の開始・継続・終了の各段階において、適時・適切に取引時確認等を実施します。

 

6.顧客の管理方針
 当社は、取引時確認等により把握した顧客属性に即した対応策を実施するなど、適切な顧客管理の措置を講じます。 対応策については、取引の定期的な調査及び分析の結果を記録し、それらの記録を活用して、適時に対応策を見直します。

 

7.「疑わしい取引」の届出及び取引制限等の実施の方針
 当社は、「疑わしい取引」を検知するために適切な取引モニタリングを実施します。また、「疑わしい取引」を検知した場合は、適時に当局への届出を行います。
なお、当社は、「疑わしい取引」またはそれに該当する恐れのある取引を検知した場合には、必要に応じて適時に取引の一部または全部の制限、資産の凍結等の措置を実施します。

 

8.社内研修の方針
 当社は、継続的な研修等を通じて、役職員のマネロン・テロ資金供与対策に対する知識や意識の維持・向上に努めます。また、研修等を通じて、取引時確認や取引記録の作成などの顧客管理をはじめとしたマネロン・テロ資金供与対策が適切におこなわれるよう、それらの重要性及び各人の役割について周知徹底を図ります。

 

9.内部監査の方針
 当社は、マネロン・テロ資金供与対策の実施状況について定期的に内部監査を実施し、その監査結果を踏まえて、継続的な態勢の改善に努めます。

以上

 


エイチ・エス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第35号 加入協会/日本証券業協会
COPYRIGHT © H.S. SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.