取扱い米国株に17銘柄 追加!−2021/8/20(金)より−

半導体メーカー「ASMLホールディング」やレバレッジ型3倍ETFなど新たに米国株17銘柄を追加!

新規取扱銘柄

NO 銘柄名 ティッカー 事業内容
1 アンシス ANSS S&P500に採用されている世界最大のエンジニアリングシミュレーション企業。工学シミュレーションを取り入れることで、新商品の発売までの期間短縮を支援。
2 クォルボ QRVO 5Gで活用される高周波向けの通信半導体メーカー。スマホや通信ネットワーク、航空・防衛分野で幅広い製品を提供。
3 デルタ・エア・ラインズ DAL 世界3大エアラインに数えられる大手航空会社。 50カ国300都市以上の各都市に就航している。
4 マリオット
・インターナショナル
MAR 世界最大のホテルチェーン。マリオット、リッツ・カールトン、シェラトンなど約30ブランドのホテルを運営。
5 チェック・ポイント CHKP ナスダック100に採用されているイスラエルに拠点を置くネットセキュリティーの製品サービスを提供する会社。
6 モンゴDB MDB 「NoSQL」と呼ばれるオラクルやマイクロソフトSQLとは異なる独自のデータベースサービスを提供。AIやビッグデータの技術革新が注目されている中で処理速度の速さで差別化。
7 ダウ DOW NYダウに採用されている世界最大級の素材・化学メーカー。約6,000種類の製品を提供し180カ国以上で販売。
8 ASMLホールディング ASML オランダに拠点を置く半導体製造装置メーカー。シリコン上に回路パターンを大量に焼き付けるリソグラフィー(露光)装置では業界最大手。
9 クアンタムスケープ QS 電気自動車(EV)向け全固体電池を開発する。フォルクスワーゲンが開発を支援、2024年の商品化を目指している。特別買収目的会社(SPAC)方式で上場。
10 ブーズ・アレン
・ハミルトンHD
BAH 米国の大手コンサルティング会社。米国の防衛・謀報関連機関や民間企業向けにサービスを提供。
11 ルメンタム
・ホールディングス
LITE 光学部品、光通信部品を手がける。顔認証などに用いられる部品を提供。スマホ向け3Dセンシング用に販売が拡大するなか、米アップル、中国・ファーウェイ(華為技術)などへの売り上げが大部分を占める。
12 ビル・ドット・コム
・ホールディングス
BILL バックオフィス業務の自動化を推進するクラウドベースの財務処理ソフトを開発するIT企業。同決済プラットフォームは、9万8000社超に提供されている。
13 マルケタ MQ クラウドベースのカード発行プラットフォームを運営するITサービス企業。プリペイドカードやデビットカード、クレジットカードの発行などに対応するほか、「Visa」や「Mastercard」などカードネットワークとの連携も可能にする。主な顧客は、「Affirm」や「DoorDash」、「Instacart」、「Klarna」、「Square」など。同プラットフォームを通じて発行されたカードは約3億2000万枚に上る。
14 コインベース COIN ビットコインやイーサリアムなど暗号資産(仮想通貨)取引プラットフォームを運営する金融インフラ技術プロバイダー。2021年4月、新株を発行しない直接上場方式でナスダックに上場した。
15 アファーム AFRM 米フィンテック企業。Eコマースにおける後払い・分割払いサービスを提供。プラットフォームの加盟店は6500社超、利用者は620万人超に上る。
16 ディレクションデイリー
20年超米国債ブル3倍
TMF 残存期間20年超の米国財務省証券で構成される指数『 NYSE 20 Year Plus Treasury Bond Index 』の3倍の値動きとなるようレバレッジを効かせたETF。
17 ディレクションデイリー
20年超米国債ベア3倍
TMV 残存期間20年超の米国財務省証券で構成される指数『 NYSE 20 Year Plus Treasury Bond Index 』のマイナス3倍の値動きとなるようレバレッジを効かせたETF。

リスク

 外国株式取引におけるリスクについて

  • 株価の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
  • 発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがあります。
  • 為替相場の変動により損失を被ることがあります。
  • 当該国の政治情勢や経済情勢等の変化により、損失が生じるおそれがあります。
  • 流動性の変化により損失が生じるおそれがあります。
  • 決済時の取引相手の信用状況により損失が生じるおそれがあります。
  • 予告無しに現地での取引・決済制度、売買益、配当などに関する税制度等が変更になる場合があります。

 外国株式取引の注意事項

  • 当社が、お客様の外国株式の売却代金をお客様の指定する金融機関等へ送金する際には、原則として円に換金した上で送金させていただきます。換金の際には、当社が定める為替スプレッドをいただきます。円貨で送金する場合の送金手数料は、当社負担とさせていただきます。
  • 外貨で送金をご希望のお客様は、送金手数料の実費をご負担いただきます。
  • 外国株式取引により購入された外国株式は、原則として信用取引の委託保証金代用有価証券とはなりません。

手数料

  • 米国株式を海外委託取引でお取引いただく場合には、現地取次手数料0.15%(最低手数料は15米ドル)及び現地諸費用等を加算した現地約定代金に対し最大0.8%(税抜。最低手数料は1,500円(税抜))の国内委託手数料をご負担いただきます。
  • 米国株式を当社との相対取引(店頭取引)でお取引いただく場合には、基準価格(原則として米国市場における終値)から所定のスプレッドを考慮して当社が提示する店頭売買価格にてお取引いただきます。
  • 外国株式の売買、配当金等の支払いにあたり外貨と円貨を交換する際には、外国為替市場の動向をふまえて当社が決定した為替レートによるものとします。 外国株式のお取引にあたっては、「外国株式取引に関する説明書」および「上場有価証券等書面(契約締結前交付書面)」をよくお読みください。

エイチ・エス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第35号 加入協会/日本証券業協会
COPYRIGHT © H.S. SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.