エイチ・エス証券
米国国債為替スプレッド0円キャンペーン

キャンペーン概要

期間 2018年11月1日(木)〜12月28日(金)
対象となるお客様 当社に口座をお持ちのお客様
内容

米国国債買付時の為替スプレッド0円(無料)

[通常]0.5円 → 0円

キャンペーン対象商品

銘柄名をクリックすると、詳細画面をご覧頂けます。

通貨発行体
銘柄名
利率
(現地通貨ベース)
単価利回り
(現地通貨ベース)
残存期間商品
概要

USD
米国国債 年0.00%
(税引前)
71.261年 2.806%
(税引前・複利)
2018/12/13  NY市場終値
12年2ヶ月概要

USD
米国国債 年0.00%
(税引前)
59.804年 2.851%
(税引前・複利)
2018/12/13  NY市場終値
18年2ヶ月概要

USD
米国国債 年0.00%
(税引前)
51.675年 3.002%
(税引前・複利)
2018/12/13  NY市場終値
22年2ヶ月概要

USD
米国国債 年0.00%
(税引前)
42.430年 3.068%
(税引前・複利)
2018/12/13  NY市場終値
28年2ヶ月概要

その他、好利回り米ドル建債券
(キャンペーン対象外)

米国国債のポイント

1. 高い信用力

発行体が世界最大の経済大国であるアメリカであるため、大手格付け会社による格付けでは、デフォルト(債務不履行)リスクは低いと考えられています。

2. 高い流動性

米国国債の市場規模は10兆ドル以上で、世界中の個人投資家および国家が米国国債を保有しているため、流動性は高いといえます。そのため、仮に償還を待たずに途中で売却するような場合でも現金化しやすいというメリットがあります。

3. 先進国の中では比較的高い利回り

他の先進国の国債と比較すると、米国国債は利回りが高いのが特徴です。
各国の10年債の利回りを比較したのが以下の表です。

10年債利回り(2018年9月末)
米国 3.06%
オーストラリア 2.67%
イギリス 1.57%
フランス 0.80%
ドイツ 0.46%
日本 0.12%

直近の米国の長期金利について
(2018年10月)

米10年国債金利は2018年10月3日に3.18%と2011年7月以来約7年ぶりの水準に上昇しました。
主な要因として、原油価格高騰による物価上昇圧力の強まりに加えて、好調な経済の持続を示す経済指標(9月のISM非製造業景況指数 は61.6ポイントと過去最高)が発表されたことにあります。

今後も米国景気が順調に拡大することで、米国の金融引き締めに伴う政策金利の引き上げが予想されています。
9月26日に公表されたFOMC参加者による政策金利見通しでは、今年はあと0.25%、2019年は0.75%の追加利上げが想定されています。

一方で、政策金利は中立金利(景気を冷やさず過熱もさせない金利)に接近しつつあるとの認識が広がる中、9月26日のFOMCでは声明文から「金融政策スタンスは緩和的」との文言が削除されました。

そのため、米国経済が予想以上に強く、今後、市場の予想を超える米経済指標や米企業業績の発表が続けば、市場の想定より利上げが進む可能性がありますが、市場では利上げ局面の終了が視野に入りつつあると考えられています。

米国の政策金利・10年債利回りの推移

米国の政策金利・10年債利回りの推移

米国国債 途中売却時の注意点

市場金利の動きで債券価格(債券単価)が変動します

償還を待たずに途中で売却することも可能です。ただし、債券価格(債券単価)は市場金利の動向や発行体の信用度の変化などの要因で日々変動します。
一般的に、債券の発行時より市場金利が上がると債券価格が下がり、逆に市場金利が下がると債券価格が上がる傾向があります。

市場金利の動きで債券価格(債券単価)が変動

為替の動きで差損益が生じます

途中売却時点での米ドル/円の為替水準によって、円での評価額や売却時の受取り金額が変動します。
仮に債券価格が同じ場合、買付時と比べ、為替レートが円高となった場合、円での受取金額は減り、 為替差損が発生します。反対に円安になった場合は円での受取金額は増え、為替差益を得ることができます。

為替の動きで差損益

キャンペーンに関する注意事項

お問い合わせ・口座開設
(平日8:00〜17:00)

口座開設までの流れ

  1. STEP1口座開設のお申込み

    ご氏名・ご住所他、お客様の登録事項を画面フォ−ムに従ってご入力ください。

  2. STEP2本人確認書類等のご提出

    本人確認書類等の提出用にご案内のメ−ルが届きます。

  3. STEP3口座開設通知お受取り

    ご登録住所宛に口座開設通知が届きます。

  4. STEP4お取引開始!

    お客様による証券総合口座へのご入金・お取引が可能となります。

お取引にあたってのご留意事項

当社で取扱う商品等へのご投資には、所定の手数料や諸経費をご負担いただく場合がございます。
また、各商品等には為替や価格の変動等により損失を生じるおそれがございます。
商品毎に手数料およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面や目論見書等をよくお読みください。

外国債券取引のリスク
【価格変動リスク】債券市況や金利水準等の変動により債券価格が変動し、投資元本を割り込む可能性があります。
【為替変動リスク】為替 相場の変動等により、投資元本を割り込む可能性があります。
【信用リスク】発行者の財務状況及び信用状況等の変化により、投資元本を割り込む可能性があります。
【カントリーリスク】当該国や通貨発行国の政治・経済・取引規制等の変化により、投資元本割れや途中売却ができなくなる可能性があります。
【流動性リスク】売却希望時に債券を売却できない場合があります。
【新興国投資リスク】一般的に、新興国については、先進国に比べて経済状況、社会制度や基盤が脆弱であると考えられ、各種リスクの程度はより高いと言えます。
外国債券取引のご留意事項

エイチ・エス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第35号 加入協会/日本証券業協会
COPYRIGHT © H.S. SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
エイチ・エス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第35号 加入協会/日本証券業協会
COPYRIGHT © H.S. SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.