投信積立とは?

「投信積立」は、毎月一定の金額で投資信託を自動で買い付けるサービスです。

「投信積立」はこんな方におすすめします。

  •  はじめて投資される方
  •  まとまった投資資金がない方
  •  一度に投資するのは不安な方
  •  将来・老後のために資産形成を考えている方
  •  お子様の将来のために資産形成を考えている方
  •  投資には興味があるけど買うタイミングがよく分からない方

「投信積立」の特徴

少額から始められます。

毎月5,000円から購入でき、手軽に始められます。
一度にまとまったお金がなくても将来必要なお金を少額から積立で準備できます。

毎月自動引き落としのため手軽で簡単です。

当社のお取引口座(MRF等)またはお客様ご指定の金融機関口座から自動的に買付金額が無料で引き落とされます。

投資タイミングの分散によりリスクが軽減できます。

毎月1回積立を続けることによって投資タイミングが分散され、リスクの軽減が期待できます。

購入のタイミングに悩む必要がありません。

相場動向にかかわらず毎月一定金額を自動的に購入するため、タイミングに悩むことはありません。

さまざまな種類の投資信託に手軽に投資できます。

購入する投資信託は、投資対象や運用方針などが異なるさまざまな銘柄からお選びいただけます。

NISA口座でもお取引可能です。

NISA(少額投資非課税制度)をご利用になれば非課税のメリットも受けることができます。

なぜ「投信積立」?

投信積立では、一定の金額で定期的に継続して投資信託の買い付けを行います。
この手法を“ドル・コスト平均法”といいます。
投資信託の基準価額が高い時は少ない口数を、投資信託の基準価額が低い時は多くの口数を買い付けることで平均買付価額を低く抑える効果が期待できます。

ドル・コスト平均法による投資例

下の表は、ある投資信託を50,000円買付ける場合に、毎月10,000円ずつ購入するケースと、毎月10,000口ずつ購入するケースを比べたものです。

※上記のグラフは基準価額の値動きをイメージしたものであり、特定の銘柄の値動きではありません。

 Aさん  は、ドル・コスト平均法を利用し、毎月一定の日に同じ金額で10,000円ずつ購入しました。 基準価額が高い時には口数を少なく購入、基準価額が低い時には多く購入できました。 その結果、毎月一定の日に同じ口数で10,000口ずつ購入した  Bさん  より、口数を多く購入でき、1口あたりの 平均買付価額も低くなりました。

※上記は、「ドル・コスト平均法」の説明をするための仮定のものであり、実際の投資成果をお約束するものではありません。
※上記計算では、手数料などの費用は考慮していません。

投資信託のリスクについて

投資信託は、国内外の株式や債券等の値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。
したがって、投資元本や運用利回りが保証されているものではなく、これを割り込むことがあります。
信託財産に生じた利益および損失は、すべて投資者に帰属します。
投資信託は預貯金とは異なります。
投資信託は、商品毎に投資対象や運用目的、リスク内容が異なります。
ご購入のお申込みにあたっては、『投信信託説明書【交付目論見書】』を必ずご確認の上、ご自身で投資判断をお願いいたします。

ご留意事項

■毎月の買付の際に、商品ごとに定められている手数料等がかかります。
お客様が指定された振替金額から手数料等を引いた金額で投資信託を買付します。
(銘柄毎に、手数料等を含めた買付金額をご指定いただきます。)

■振替日にお客様の総合取引口座のMRF等、もしくはご指定の金融機関の口座残高が買付金額に満たない場合、当該月における買付は行いません。

■複数の銘柄でお申込みいただいている場合、振替日にお客様の総合取引口座のMRF等、もしくはご指定の金融機関の口座残高が合計買付金額に満たない場合、当該月における買付は行いません。

キャンペーン
ギフトカードプレゼント

ファンド検索

新規取扱銘柄
まずは無料で口座開設

エイチ・エス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第35号 加入協会/日本証券業協会
COPYRIGHT © H.S. SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.