新生・UTIインドファンド

基本情報

新生・UTIインドファンド
日付 2018/1/16
基準価額 19,747 円
前日比 -36 円
設定日 2006年12月27日
償還日 無制限
決算日 毎年12月10日
(休業日の場合は翌営業日)
購入時手数料
(税抜)
インターネットで
お申し込み
コールセンター
営業店で
お申し込み
受渡金額が
5百万円未満:2%
5百万円以上:1%
受渡金額が
5千万円未満:3%
1億円未満:2%
1億円以上:1%
信託財産
留保額
0.30%
購入価額 購入申込受付日の翌営業日の基準価額
購入単位 1万口以上1口単位または1万円以上1円単位
換金単位 1口以上1口単位または1円以上1円単位
委託会社 新生インベストメント・ マネジメント株式会社
受託会社 三井住友信託銀行株式会社

関連資料

「投資リスク」、「運用管理費用(信託報酬)」等の詳細につきましては、上記の「目論見書」にてご確認ください。
 分配金を受け取る
口数買付金額買付

ファンドの特長

  • 主として、インドの金融商品取引所に上場している株式を実質的な投資対象とし、信託財産の中長期的な成長をめざします。
    ◎株式への直接投資に加えて、上記企業の預託証書※等に投資する場合があり、これらを総称して、以下、「インド株式等」といいます。
    ※預託証書:Depositary Receiptのことで、頭文字をとってDRと略すことがあります。株式を実質的に所有しているのと同様の経済効果を持つ証書のことです。
    ◎インド株式等への投資は、モーリシャス籍の円建て外国投資信託「Shinsei UTI India Fund(Mauritius)Limited」
    Class A(以下「投資先ファンド」といいます。<投資先ファンドの概要>をご参照ください。)の投資証券への投資を通じて行います(当ファンドはファンド・オブ・ファンズです)。
    ◎主として、投資先ファンドに投資しますが、そのほか国内投資信託「新生 ショートターム・マザーファンド」受益証券にも投資します。
    ◎実質組入外貨建て資産について、原則として為替ヘッジを行いません。
  • UTIグループによる運用
    ◎投資先ファンドは、インド国内大手の運用会社であるUTIグループが運用します。
    ◎UTIグループは、1963年にインドで最初に設立された40年以上の歴史を持つインド国内最古の投信会社です。

分配金実績 (1万口当たり/税引前)

設定来合計 800円
2017/120円
2016/120円
2015/120円
2014/120円
2013/120円
2012/120円

過去のデータ

※上記は過去の分配金の実績であり、将来の分配金の支払いおよび金額について保証するものではありません。運用状況により又は分配対象額が少額の場合等には、収益分配が行われないこともあります。

2018/1/17現在

ファンドの目的

中長期的な信託財産の成長をめざして運用を行うことを基本とします。
投資信託のリスクについて

投資信託は、国内外の株式や債券等の値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、投資元本や運用利回りが保証されているものではなく、これを割込むことがあります。信託財産に生じた利益および損失は、すべて投資者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。

当画面は金融商品取引法に基づく開示資料ではなく、また、投資信託の商品性及びリスク等を網羅的に説明するものでもありません。
投資信託は、商品毎に投資対象や運用目的、リスク内容、手数料等の費用が異なります。ご購入の申込みにあたっては『投資信託説明書(交付目論見書)』を必ずご確認の上、ご自身で投資判断をお願いいたします。

その他のご留意事項

※当社では、分配金を再投資する分配金再投資コース(自動けいぞく投資コース)のお取扱いはしておりません。分配金を証券口座にプールされ市況やタイミングを見てお買付けいただくことが可能ですが、その際には所定の手数料をご負担いただくこととなりますので、予めご了承ください。

ファンド検索

新規取扱銘柄
キャンペーン

エイチ・エス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第35号 加入協会/日本証券業協会
COPYRIGHT © H.S. SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.