ひふみプラス

つみたてNISA
投信積立
ネット取引専用
ノーロード(買付手数料0円)
  • 特集
  • 商品概要(基準価額・目論見書等)

テレビ出演をきっかけに運用資産が急拡大

「ひふみプラス」の最高投資責任者である藤野英人氏が、2017年2月にテレビ番組「カンブリア宮殿」に出演したことをきっかけに人気が爆発し、一気に運用資産が3,000億円を超える巨大ファンドとなりました。

レオス・キャピタルワークス
代表取締役社長 兼 最高投資責任者

藤野 英人氏

経歴
野村投資顧問(現:野村アセットマネジメント)、ジャーディンフレミング(現:JPモルガン・アセット・マネジメント)、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントを経て、2003年レオス・キャピタルワークス創業。中小型・成長株の運用経験が長く、ファンドマネージャーとして豊富なキャリアを持つ。東証アカデミーフェロー。

純資産総額の推移(月次)

  • 2017年11月度月次運用レポートより引用

「資産を守りながら増やす」運用とは

目に見える財務指標や株価情報等の数値に加えて、経営方針や戦略など数値に表れない部分の両面から徹底的に調査・分析を行い、どのような投資環境でも独自要因で成長を遂げる企業を発掘します。

また、株価の下落リスクが高まっている相場状況や株価水準から魅力的な投資先が少ない場合には株式の組入比率を50%まで引き下げて無理な投資を行わず、反対に相場状況が好転していると判断した際は積極的にリターンを狙いに行くなどリスクを抑えながらリターンを追求するというコンセプトのもとで運用されています。

どんな銘柄に投資しているのかは月次運用レポートで確認

[口座をお持ちのお客様] 買付はこちら
口数買付金額買付
[口座をお持ちでないお客様]
口座開設

TOPIXを大幅に上回る良好な運用実績

「ひふみプラス」の魅力は、安定的にTOPIXを上回る成績を上げていることです。
2012年5月の設定以来304.2%(2017年11月末時点)の運用成績を残しており、TOPIX(同期間で177.8%)を大きく上回る収益率となっています。

運用成績

ひふみプラス TOPIX
1ヶ月 3.9% 1.5%
3ヶ月 12.8% 11.7%
6ヶ月 19.1% 15.4%
1年 43.7% 24.5%
3年 79.8% 35.2%
設定来 304.2% 177.8%

基準価額の推移(日次)

  • 2017年11月度月次運用レポートより引用
  • ひふみプラスの基準価額およびTOPIX(配当込み)は、ひふみプラスの当初設定日前日(2012 年5月25日)を10,000円として指数化しております。 基準価額は信託報酬控除後の値です。ひふみプラスにベンチマークはありません。TOPIX(配当込み)は参考として記載しています。 上記は過去の運用実績であり、将来の収益をお約束するものではありません。

「つみたてNISA」対象商品

つみたてNISAで購入できる商品は、金融庁が指定した一定の要件を満たしたものに限定されている中で、「ひふみプラス」はつみたてNISA対象商品に選ばれたアクティブファンド15本の中の1本です。(2017年12月6日時点)

アクティブ運用投信の中では運用コストが低いことに加えて、安定的に資金流入していることなどが評価されたと思われます。

「つみたてNISA」対象商品の主な条件
(アクティブ運用投資信託等)
□購入時手数料はなし(ノーロード)
□信託報酬は一定水準以下
□信託契約期間が無期限又は20年以上
□分配頻度が毎月でないこと
□信託設定以降、5年以上経過
□信託の計算期間のうち、
 資金流入超の回数が2/3以上
投資家から継続的に
選択・支持されている
投資信託のみ
「つみたてNISA」
に選ばれる。

「つみたてNISA」とは?

基準価額 2017/12/13現在

基準価額 40,804 円 前日比 -164 円( -0.40 %)

主な手数料・費用

購入時手数料(税込) なし 信託報酬(税込)

純資産総額に対して
最大1.0584%以内

信託財産留保額(税込) なし

関連資料

目論見書 月次運用レポート
[口座をお持ちのお客様] 買付はこちら
口数買付金額買付
[口座をお持ちでないお客様]
口座開設

基本情報

ひふみプラス
日付 2017/12/13
基準価額 40,804 円
前日比 -164 円
設定日 2012年5月28日
償還日 無期限
決算日 毎年9月30日
(休業日の場合は翌営業日)
購入時手数料
(税抜)
なし
信託財産
留保額
なし
購入価額 購入申込受付日の翌営業日の基準価額
購入単位 1万口以上1口単位または1万円以上1円単位
換金単位 1口以上1口単位または1円以上1円単位
委託会社 レオス・キャピタルワークス株式会社
受託会社 三井住友信託銀行株式会社

関連資料

「投資リスク」、「運用管理費用(信託報酬)」等の詳細につきましては、上記の「目論見書」にてご確認ください。
 分配金を受け取る
口数買付金額買付
分配金を再投資する
口数買付金額買付
毎月決まった金額を積み立てる
積立申込(再投資型)

ファンドの特長

  • 国内外の上場株式を主要な投資対象とし、市場価値が割安と考えられる銘柄を選別して長期的に投資します。
    ◎長期的な経済循環や経済構造の変化、経済の発展段階等を総合的に勘案して、適切な株式市場を選びます。
    ◎長期的な産業のトレンドを勘案しつつ、定性・定量※の両方面から徹底的な調査・分析を行い、業種や企業規模にとらわれることなく、長期的な将来価値に対してその時点での市場価値が割安と考えられる銘柄に長期的に選別投資します。
    ※定性…経営方針や戦略など数値に表れない部分 定量…財務指標や株価指標等の数値
  • 株式の組入比率は変化します。
    例えば、組入銘柄の株価水準が割高と判断した時に、利益確定や下落リスク回避のために保有株式を一部売却する場合があります。また、市場価値が割安と考えられる銘柄が無くなっていると判断した時に、買付を行わずに好機を待つ場合があります。このような状況においては、ポートフォリオに占める株式の比率が低くなります。一方で、市場価値が割安と考えられる銘柄が多くあると判断した時には、株式を買い付けることによってポートフォリオに占める株式の比率が高まる場合があります。
    (注) 組入比率が変化する事例は上記に限りません。 証券投資信託は、法令上、信託財産の総額の二分の一を超える額を有価証券に対する投資として運用することが求められています。
  • 運用はファミリーファンド方式により、マザーファンドを通じて行います。

分配金実績 (1万口当たり/税引前)

設定来合計 0円
2017/100円
2016/90円
2015/90円
2014/90円
2013/90円
2012/100円

過去のデータ

※上記は過去の分配金の実績であり、将来の分配金の支払いおよび金額について保証するものではありません。運用状況により又は分配対象額が少額の場合等には、収益分配が行われないこともあります。

2017/12/11現在

ファンドの目的

「ひふみプラス」は、受益者の長期的な資産形成に貢献するために、円貨での信託財産の長期的な成長を図ることを目的として、ひふみ投信マザーファンド(以下「マザーファンド」といいます。)の受益証券を通じて国内外の株式に投資することにより積極運用を行います。
投資信託のリスクについて

投資信託は、国内外の株式や債券等の値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、投資元本や運用利回りが保証されているものではなく、これを割込むことがあります。信託財産に生じた利益および損失は、すべて投資者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。

当画面は金融商品取引法に基づく開示資料ではなく、また、投資信託の商品性及びリスク等を網羅的に説明するものでもありません。
投資信託は、商品毎に投資対象や運用目的、リスク内容、手数料等の費用が異なります。ご購入の申込みにあたっては『投資信託説明書(交付目論見書)』を必ずご確認の上、ご自身で投資判断をお願いいたします。

その他のご留意事項

※当社では、分配金を再投資する分配金再投資コース(自動けいぞく投資コース)のお取扱いはしておりません。分配金を証券口座にプールされ市況やタイミングを見てお買付けいただくことが可能ですが、その際には所定の手数料をご負担いただくこととなりますので、予めご了承ください。

ファンド検索

新規取扱銘柄
キャンペーン

エイチ・エス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第35号 加入協会/日本証券業協会
COPYRIGHT © H.S. SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.