IPO(新規公開株)ならエイチ・エス証券

初値>公募価格の可能性

近年、新規上場(IPO)を行う企業の株式(新規公開株)は企業の将来性や成長性が評価され、2014年では77社中29社の初値が 公募価格の2倍以上になりました。

もっとも当然ですが、値上がりは保証されたものではなく、値下がりするリスクも同時に存在しますので注意が必要です。 (2015/1/5時点)
半期別-新規公開企業数と騰落率2倍超企業

新規公開株(IPO)取扱実績

上場日 銘柄
コード
銘柄名 市場 公募価格 初値 騰落率
2015/12/18 3419 アートグリーン 名証セントレックス 420円 614円 46.19%
2015/12/17 3926 オープンドア 東証マザーズ 3,820円 4,710円 23.29%
2015/12/15 3925 ダブルスタンダード 東証マザーズ 2,190円 5,010円 128.76%
2015/11/04 6178 日本郵政 東証1部 1,400円 1,631円 16.50%
2015/11/04 7182 ゆうちょ銀行 東証1部 1,450円 1,680円 15.86%
2015/11/04 7181 かんぽ生命保険 東証1部 2,200円 2,929円 33.13%
2015/09/02 1433 ベステラ 東証マザーズ 2,500円 3,125円 25.00%
2015/08/05 1431 エスケーホーム 福証Q-Board 800円 910円 13.75%
2015/06/24 6166 中村超硬 東証マザーズ 1,700円 1,901円 11.82%
2015/04/246044三機サービスJASDAQスタンダード1,540円2,112円 37.14%
2015/04/173133海帆東証マザーズ1,020円 1,800円76.47%
2015/3/17 3910 エムケイシステム JASDAQスタンダード 3,500円 15,120円 332.00%
2015/2/23 3907 シリコンスタジオ 東証マザーズ 4,900円 9,900円 102.04%
→もっと見る
ボタン口座開設する

見やすいメニュー画面をはじめ、上下8本の板情報などPC並みに充実した機能を搭載。

その上で高い操作性を実現するため、板情報を拡大する機能も搭載しており板画面の値段をダブルタップすることで直接注文することも可能です。

■推奨環境
iOS 6.0以降、Android 2.3以降

法人向け端末、その他の特殊仕様の一部機種を除きます。
上記対象機種につきましては当社で動作確認を行っておりますが、動作確認と動作保証は異なります。
お客様固有の環境理由により、ご利用いただけない場合がありますのでご注意ください。
なお、「スマ株」はテンキー操作を考慮しておりませんので予めご了承ください。

ページの上部へ戻る

※資料郵送での口座開設をご希望のお客様は、「郵送での口座開設(資料請求)」をご利用下さい。

口座開設時の注意事項

1958年 合同証券株式会社を継承して協立証券株式会社を設立
1999年 エイチ・アイ・エスが協立証券の株式を取得。
エイチ・アイ・エス協立証券株式会社に商号変更。

2001年 エイチ・エス証券株式会社に商号変更。

2004年 大証ヘラクレスに上場(JASDAQ/8699)

2007年 エイチ・エス証券は持株会社制へ移行し、
澤田ホールディングス株式会社へ。

2012年 東証より『主幹事候補証券会社一覧』に16社のなかの1社として認定。
※今までに計33社の新規公開株の主幹事案件に携わる(2014年末時点)

ページの上部へ戻る

ページの上部へ戻る

約定代金 当社 A証券 B証券 C証券
10万円 134円 139円 139円 180円
20万円 179円 185円 185円 270円
30万円 339円 272円 341円 360円
50万円 572円 272円 341円 540円
約定代金 当社 A証券 B証券 C証券
10万円 96円 143円 250円 99円
20万円 140円 143円 250円 179円
30万円 458円 191円 250円 249円
50万円 458円 191円 450円 449円

2015年6月25日現在、当社調べ。なお、上表は約定代金の一例(インターネット経由の場合)を比較したものです。詳細は各社webサイト等でご確認ください。

ページの上部へ戻る

※資料郵送での口座開設をご希望のお客様は、「郵送での口座開設(資料請求)」をご利用下さい。

口座開設時の注意事項

ページの上部へ戻る

※資料郵送での口座開設をご希望のお客様は、「郵送での口座開設(資料請求)」をご利用下さい。

口座開設時の注意事項

「口座開設完了のお知らせ」は本人限定郵便にてご郵送いたします。受取方法について以下の注意事項をご確認ください。

・本人以外(同居の方も含む)での受け取りはできません。
・受け取り時に本人確認書類の提示が必要です。
・登録住所または郵便窓口でのみお受け取りできます。
・登録住所への配達の場合は、配達時間内(8:00頃~21:00頃)に受け取る必要があります。
・保管期間内(通常10日間程度)に受け取る必要があります。

特定口座を同時に開設できません。口座開設後にお申込が必要です

入力画面でのアップロードもしくは電子メールまたはFAXでのご提出ください。コピー可の書類のみの受付いたします。
(運転免許証、各種健康保険証、パスポート、住民基本台帳カードのいずれか一つのコピー)

上記内容をご確認いただきましたら、以下の書面確認へお進みください。

お取引にあたってのご留意事項
当社で取扱う各商品等には、価格の変動、金利の変動、為替の変動その他の理由により損失が生じ、投資元本を割り込むおそれがあります。また、各商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料【国内株式/携帯電話・インターネット取引の場合、最大1,715円(1回の約定が150万円超の場合、税抜)】が必要です。商品・サービス毎に手数料およびリスクは異なりますので、お取引の際には当該商品等の契約締結前交付書面や目論見書等をよくお読みいただき、内容をよくご理解の上、ご自身で責任と判断において行ってください。

ご注意事項
購入手数料は無料です。
売却時には通常の手数料がかかります。
国内株式・現物取引手数料について
手数料は3つのコースがあります。
・一般コースのご案内  ・会員コースのご案内 ・ハイパーアクティブコースご案内
例えば一般コースの場合、最大手数料は1,715円(1約定150万円超/税抜)です。
手数料の詳細は各コースのご案内をご覧ください。

上場有価証券等のお取引にあたってのリスクについて
  • 上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品、カバードワラント等(以下「裏付け資産」(※)といいます。)の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
  • 上場有価証券等の発行者または保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者または保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
  • 上場有価証券等のうち、他の種類株式、社債、新株予約権その他の財産に転換される(できる)旨の条件または権利が付されている場合において、当該財産の価格や評価額の変動や、当該財産の発行者の業務や財産の状況の変化に伴い、上場有価証券等の価格が変動することや、転換後の当該財産の価格や評価額が当初購入金額を下回ることによって損失が生じるおそれがあります。
  • また、新株予約権、取得請求権等が付された上場有価証券等については、これらの権利を行使できる期間に制限がありますのでご留意ください。
※裏付け資産が、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等である場合には、その最終的な裏付け資産を含みます。
新規公開株のリスクについて
金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動などにより損失が生ずるおそれがあります。
  • 新規公開株式のお取引にあたっては、株式相場等の変動に伴い、上場後の新規公開株式の価格が変動することによって損失が生ずるおそれがあります。
  • 新規公開株式のうち、他の種類株式、社債、新株予約権その他の財産に転換される(できる)旨の条件または権利が付されている場合において、当該財産の価格や評価額の変動に伴い、上場後の新規公開株式の価格が変動することや、転換後の当該財産の価格や評価額が当初購入金額を下回ることによって損失が生ずるおそれがあります。
有価証券の発行者等の業務または財産の状況の変化などによって損失が生ずるおそれがあります。
  • 新規公開株式の発行者または保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合、上場後の新規公開株式の価格が変動することによって損失が生ずるおそれがあります。
  • 新規公開株式のうち、他の種類株式、社債、新株予約権その他の財産に転換される(できる)旨の条件または権利が付されている場合において、当該財産の発行者の業務や財産の状況の変化に伴い、上場後の新規公開株式の価格が変動することや、転換後の当該財産の価格や評価額が当初購入金額を下回ることによって損失が生ずるおそれがあります。
金融商品取引法第37条の6の規定の適用はありません。(クーリング・オフの対象にはなりません。)
投資に関する最終決定は、契約締結前書面と目論見書の内容をご確認の上、お客様の判断でなさるようにお願いいたします。

ページの上部へ戻る