自動売買(逆指値・IFD・OCO)を活用しよう!

  • 逆指値
  • IFD
  • OCO

逆指値とは

通常の指値は「指定した価格以下で買う」、または「指定した価格以上で売る」という注文方法です。逆指値は通常の指値と反対で、「指定した価格以上になったら買う」、または「指定した価格以下になったら売る」という注文方法です。

使い方

ケース
01

不安 忙しくて株価をチェックできない。
値下がりしていつの間にか大損していたらどうしよう。
解決逆指値の売り注文
(ロスカット注文)
を出しておこう!
A株を550円で買いました。
もし500円を割り込んで下落したら株価はしばらく低迷すると考え、逆指値の売り注文(ロスカット注文)を出しました。その後、株価は500円を大きく割れて下落しましたが、逆指値注文のおかげでリスクを抑えることができました。
逆指値条件 株価が「500」円「以下」になったら「成行」
発注方法 パソコン用取引画面で発注
  • 「逆指値条件」を設定
    (注文が発動する株価を設定)
    逆指値条件に「500円以下」と入力
  • 「成行」「指値」を選択
    (指定した株価になった時、どのような注文を発注するかを選択)
※相場変動によっては、必ずしも約定しない場合があります。また、成行を指定した場合には、相場変動によっては事前に想定していた価格から乖離した価格で約定が成立する可能性があります。

ケース
02

不安 せっかくの評価益。
この後に値下がりしたらくやしいなー。
解決逆指値の売り注文(利益確定)
を出しておこう!
B株を700円で買いました。 現在は評価益がでているため、今後株価が下がっても利益が確保できるように、逆指値の売り注文を出しました。 仮に、発注後に750円以下にならないで上がり続けた場合は評価益が増えます。 その後、株価は下落に転じましたが、逆指値注文のおかげで利益を確保することができました。
逆指値条件 株価が「750」円「以下」になったら「成行」
発注方法 HS Trader Premium Ⅱで発注
画面上部にある「株式」メニューを選択します。
「現物 売発注」もしくは「信用返済 発注」をクリックしてください。
  • 「逆指値条件」を設定
    (注文が発動する株価を設定)
    執行条件に「750円以下」と入力
  • 「成行」「指値」を選択
    (指定した株価になった時、どのような注文を発注するか選択)
※相場変動によっては、必ずしも約定しない場合があります。 また、成行を指定した場合には、相場変動によっては事前に想定していた価格から乖離した価格で約定が成立する可能性があります。

ケース
03

不安 上げている途中で買って
波に乗りたいなー。
解決逆指値の買い注文(新規買い)
を出しておこう!
C株が底打ちの気配を見せていますが、まだ勢いがありません。 ただし、220円を上回ってくれば株価の底打ちを確認し、上昇に勢いがでてきそうです。220円以上になれば成行で買えるように逆指値注文を発注しました。その後、株価は220円を突破し、C株を買うことができました。
※相場変動によっては、必ずしも約定しない場合があります。 また、成行を指定した場合には、相場変動によっては事前に想定していた価格から乖離した価格で約定が成立する可能性があり7ます。

IFD(アイ・エフ・ディー)とは

「If done」(イフダン)のことで、買い注文(If側:親注文)が約定すると、売り注文(done側:子注文)が自動で執行されます。

使い方

ケース
01

不安 買いの注文が約定したらすぐに
利益確定の売り注文
を出したい。
解決買い注文(新規買い)を入力後、
子注文の予約(利益確定)をしておこう!
D株の新規買いを700円で行い、自動的に子注文の予約(750円で売り)を行いました。
発注方法 パソコン用取引画面で発注
  • 買注文(親注文)
    • 「通常」か「逆指値」 どちらかの注文種類を選択
    • 注文数量と買注文の執行条件を指定
    • 注文期限は、親注文と子注文それぞれで設定可能
  • 売注文(子注文)
    • 「通常」か「逆指値」 どちらかの注文種類を選択
    • 売注文の執行条件を指定

ケース
02

不安 買いの注文が約定したら すぐに
リスク回避の売り
注文を出したいなー。
解決買い注文(新規買い)を入力後、
子注文の予約(ロスカット)をしておこう!
E株を110円で買えたら、リスク回避のために100円以下になったら売り(ロスカット)の注文を出しました。
株価は110円を付けた為、買い注文が約定。
一時、上昇するも大きく100円を割れて下落しましたが、逆指値注文のおかげでリスクを抑えることができました。
発注方法 HS Trader Premium Ⅱで発注
画面上部にある「株式」メニューを選択します。
「現物 売発注」もしくは「信用返済 発注」をクリックしてください。
  • 執行条件の指値に「110円」と入力
  • 返済予約に「100円」と入力
  • 「上の値段で損切する」「成行で損切する」を選択
※相場変動によっては、必ずしも約定しない場合があります。 また、成行を指定した場合には、相場変動によっては事前に想定していた価格から乖離した価格で約定が成立する可能性があります。
 

OCO(オーシーオー)とは

「One Cancels the Other」の頭文字で指値注文と、逆指値注文の2種類を同時に発注する注文方法です。指値注文が先に約定すると逆指値注文は取り消され、逆指値注文が先に約定すると、指値注文は取り消されます。利益確定を狙いつつ、株価が下落したときのロスカット(損切り)売りや、株価が今後上がるか下がるか2つの状況を想定して、指値買いと逆指値買いの両方を同時に発注する場合などに利用します。

使い方

ケース
01

不安 目標株価になったら売りたい株があるけれど、その前に
下落してきたら早めに逃げたい
解決OCO指値の売り注文(利益確定)と
逆指値の売
り注文(ロスカット)を出しておこう!

F株を買った後、値上がり益を期待した指値の売り注文と、大きく値下がりする前に売るための逆指値注文を同時に発注しました。 その後に上昇すれば利益確定、下落しても損失を一定の範囲内に収めることが可能になります。

発注方法 パソコン用取引画面で発注
  • 【条件1】利益確定ポイントを設定
    • 利益を確定する指値注文を設定
      指値に「650円」と入力
  • 【条件2】損失確定ポイントを設定
    • 損失確定を行う逆指値注文を設定
      逆指値条件に「600円以下」と入力
※相場変動によっては、必ずしも約定しない場合があります。また、成行を指定した場合には、相場変動によっては事前に想定していた価格から乖離した価格で約定が成立する可能性があります。

ケース
02

不安 押し目買いをしたいけれど、もし下がらずにそのまま
上がったらすかさずいを入れたいなー。
解決OCO指値の買い注文(新規買い)と
逆指値の買い注文(新規買い)を出しておこう!
先に条件を満たした注文が約定し、もう一方の注文はキャンセルになります。
発注方法 HS Trader Premium Ⅱで発注
画面上部にある「株式」メニューを選択します。
「現物 売発注」もしくは「信用返済 発注」をクリックしてください。
  • 執行条件の指値に「3000円」と入力
  • 逆指値に「3100円」と入力
  • 「上の値段に訂正」「成行に訂正」を選択
  • (指定した株価になった時、どのような注文を発注するか選択)
※相場変動によっては、必ずしも約定しない場合があります。 また、成行を指定した場合には、相場変動によっては事前に想定していた価格から乖離した価格で約定が成立する可能性があります。
 

当社インターネット口座をお持ちの方は無料でご利用いただけます

エイチ・エス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第35号 加入協会/日本証券業協会
COPYRIGHT © H.S. SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.