利率と利回り

債券投資では、「利率」と「利回り」の違いを理解しておきましょう。
以下は、利率と利回りについてご説明します。

利率

利率とは、額面金額に対する毎年受け取る利息の割合のことです。
債券の利率は、発行する時の金利水準や発行体の信用力などによって決められます。

例えば、債券を100万円購入し、1年後に5万円の利息を受け取れる場合、利率は5%になります。

(例)債券を100万円購入し、1年後に5万円の利息を受け取る

利回り

利回りとは、購入金額に対する利息も含めた年間収益の割合のことです。

計算を単純化するため、運用期間1年で考えてみましょう。

(例)運用期間:1年 額面金額:100万円 利率/年:5% AさんとBさんが受け取る利息 101万円で購入したAさんの利回りは・・・ 99万円で購入したBさんの利回りは・・・

このように期間と利率が同じでも、購入する価格などで利回りは変わってきます。
投資判断をする上では、利率ではなく利回りが重要となります。

※実際の利回り計算では税金などの費用も考慮する必要があります。

「はじめての債券投資」に戻る

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-51-6766 償還乗換為替手数料優遇サービス 外貨送金手数料キャッシュバック

エイチ・エス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第35号 加入協会/日本証券業協会
COPYRIGHT © H.S. SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.