信用取引ルール

委託保証金

委託保証金

お預り現金及び代用有価証券を委託保証金として差し入れていただきます。
インターネット信用取引の委託保証金率(預託率)は30%、最低委託保証金は30万円です。
委託保証金率・最低委託保証金は、証券取引所の規制、制度の変更、又は当社の判断等により変更となる場合があります。

差入委託保証金

当社でお預かりしている現金は、先物・オプション口座に振り替えられている「証拠金」を除き、原則として全て委託保証金として差し入れるものとします。
当社でお預かりしている上場株式・ETF・REITは、全て代用有価証券として差し入れるものとします。ただし、当社の判断等により適用除外とした銘柄につきましてはその限りではありません。

代用有価証券

委託保証金率の計算式

委託保証金率(%)

(差入保証金 − 必要経費合計※1) ÷ 建株金額※2 × 100

※1必要経費合計=
建株評価損+未収手数料+買方金利(日歩)+品貸料(逆日歩)+貸株料+管理料+名義書換料+未決済諸経費+未受渡信用返済損金+未受渡品受品渡経費+信用立替金
※2建株金額=
未決済建株+決済済み未受渡品受品渡建株+当日日計り建株+注文済み未約定建株
  • 受取諸経費(逆日歩の受け取り)は支払諸経費と通算しません。
  • 通算された評価損益がプラスの場合、委託保証金率を計算する際には「0」とします。

委託保証金の不足

委託保証金が30万円を下回った場合

取引等により委託保証金が30万円を下回った場合、信用新規建て及び委託保証金・代用有価証券の引き出しはできません※3
下回った日の翌々営業日の大引けまでに、30万円に達するまでの追加保証金を、当社からの請求の有無に関わらず当社に差し入れる必要があります。

※3 当社のインターネット信用取引では、お預り金-保証金の一元管理を行っているため、お客様の任意に保証金の引出し(保証金からお預り金への振り替え)は行えませんが、現物株式の買付代金や信用取引の決済損金等が発生する場合は、決済代金に充当するため、自動的に保証金の引出しが行われます。

追加保証金

委託保証金率が30%を下回った場合

大引け後の値洗いにより委託保証金率が30%を下回った場合、信用新規建て及び委託保証金・代用有価証券の引き出しはできません。また、委託保証金率が30%を下回った状態で信用決済損金の受渡がある場合などは不足金の入金が必要になります。

不足金の発生


エイチ・エス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第35号 加入協会/日本証券業協会
COPYRIGHT © H.S. SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.